チェコの人形劇❤

2022年6月19日

ブログ

チェコは長年にわたってドイツやオーストリアなど隣国の支配を受け続けてきた歴史があります。  特に16~19世紀ドイツの支配下にあった時代は、                        公共の場でチェコ語を話すことさえ禁じらたそうです。

「快傑ゾロ」より

マリオネットだけは、チェコ語独特の言い回しでこそ成り立つものでもあったため、        チェコ語での上映が認められました。                             人形劇はチェコの人びとがアイデンティティを求める場所となり、                マリオネット劇場は次第に大人の集まる娯楽の場ともなっていったそうです。

人形劇の内容も、当時の政治の風刺や社会的メッセージが組み込まれるようになり、        人形自体のクオリティも大人の楽しめるようにどんどん高くなっていったとのこと。
人形劇とは言え、その内容は大人向けです。                          チェコの歴史と文化が詰まったマリオネットは一見の価値ありです!
人形劇「快傑ゾロ」、8月20日、21日の公演をお楽しみに!

衣装も豪華です
なんと、侍の人形も!

「チェコ人形劇」等で検索してみてください。

カテゴリー

▶︎ お知らせ
▶︎ ブログ ▶︎ イベントレポート
▶︎ 広報誌・報告書